テレビ出演のお知らせ[小松亮太]

明日21日(正確な日付は22日)深夜3時台からNHKの「J―MELO」に出演します。
昨年10月の大貫妙子さんとのライブの様子をご覧いただけます。詳しくはこちらから。
http://www.nhk.or.jp/j-melo/english/index.html

先週は千葉に家族旅行に行ってました。詳しくはこちら(かみさんのブログね)http://kurovl.exblog.jp/

時節がらお体にはご自愛下さい。
2009-02-20 15:31 この記事だけ表示 |コメント 4 |トラックバック 0

調布公演、必見です。[小松亮太]

3月10日調布公演のコメントが掲載されたのでお知らせです。こちらご覧下さい。

http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=8273

ピアソラがアレンジした「ブルータンゴ」とかエドアルド・ロビーラがアレンジした「バンドネオンの嘆き」とか約55年ぶりにライブでお届けします。
アルゼンチンのタンゴフリークが泣いてよろこぶレパートリー、参戦するしかないですね。ええそうでしょう。そうでしょうとも。
チケットはこちらから。
http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=5803
2009-02-16 16:51 この記事だけ表示 |コメント 1 |トラックバック 0

ラジオ出演のお知らせ[小松亮太]

明日(7日)正午くらいからFM―FUJI「カウントダウンコネクション」に出演します。80.5または78.6です。
聴いておくんなまし。
2009-02-06 16:24 この記事だけ表示 |コメント 4 |トラックバック 0

久しぶりに[小松亮太]

090201_1446~01.JPG
久しぶりに北千住〜堀切あたりを散歩しました。
僕は生まれも育ちも北千住の西口なんですけど、天気がいい日に散歩したくなるのは東口なんだよね。
迷路のように入り組んだ細道に残ってる木造の家を見るのが好きです。僕は昭和20年代頃に建ったと思われる古い家に最近強く惹かれるんですよ。サザエさんの初期の4コマ漫画バージョンの家みたいな。多分内装はツチカベになってるような。

2年前に散歩したときに本当に古くて小さいくて可愛い木造住宅を見つけたんだけど、残念ながら無くなってて、かわりにコンクリのかっこいい三階建てになってました。
かわりに昭和30年代に建ったと思われるお隣りの家を撮りました。(画像撮っていいよって言ってもらったんで)
090201_1445~01.JPG

綾瀬橋の堤防を土手に向かって登ると…。
突然堀切駅があります。正午の駅前は相変わらずいい感じ。
090201_1449~01.JPG

牛田駅と堀切駅の間に忽然と奉られてる十一面観世音像。これも縁かと思って柄にもなくお参りしました。ちゃんと線香も置いてあります。手書きの張り紙があって「マッチ持って行かないで下さい」だって。町会で管理してるのかな?
090201_1510~01.JPG


金八先生のロケでも何度もお目見えした超低いトンネルも久しぶりに通って…。
090201_1429~01.JPG

北千住駅東口は店の移り変わりは少なからずあったけど、あの空気感は何も変わらず。どんな空気かは行ってみなきゃわかんないです。
よく買い物した古くてでっかい玩具屋さんは何も変わらず健在でお客さんも多かったし、銭湯も一軒も閉店してなくてひと安心。

「知る人ぞ知るおでん屋さん」には行けなかったけど、また次回に…。
2009-02-04 11:33 この記事だけ表示 |コメント 4 |トラックバック 0

ロンドン記[小松亮太]

行って来ましたよロンドン。

着いたその日からリハーサル、翌々日はフリーで遊んで来ました。

僕の出無精を誰よりも知っているかみさんに、「とにかく遊んで来い、教養つけて来い」と成田を出発する直前にケツを叩かれていたので、頑張って歩きましたよ。
ブロドスキ・カルテットのチェロのジャクリーンさんに教えてもらって、バス&地下鉄共用の一日乗り放題カードを買って市内を歩き廻ってました。
まずホテルの近くから二階建てバスで最寄りの地下鉄(チューブという仇名)駅まで。そこからミレニアム・ブリッジ、テートモダン美術館、セント・ポール大聖堂、ロンドン交通博物館(ここで坊主たちに地下鉄関連グッズの土産を買う)。
最後はミュージカルを見に行きました。ブラッド・ブラザーズってやつ。お母ちゃん役の女性の歌がほんとに上手くて感動しました。
090122_2256~01.JPG090123_2240~01.JPG090123_2313~01.JPG090124_0201~01.JPG

ひとり旅だったので、これだけ無理やり英語使って生活したのは初めてでした。
昔のイギリスはどうだったのか知らないけど、今のロンドンは食い物はレベル高い!いろんな国の人が集まってるから世界各地の料理が楽しめるし、地元の人もいろんな国の食べ物をよく理解してる感じです。

ひとつ残念だったのは地下鉄はせっかくいろんな路線があるのに車体のバラエティーが少ない。路線によって色やデザインを変化させるという概念がほとんどないみたい。つまり「地下鉄」って言ったらほとんどみんな同じデザインの車体だから、鉄道発祥の国にしては味気ない感じがしたんだけど。
車内は小さいです。銀座線や都営大江戸線よりもう少し小さいからすぐ混んじゃう。
いつの間にか俺も地下鉄に詳しくなってますね。坊主たちにずいぶん鍛えられたからな…。

航空会社はエールフランスだったんですが、食事もいいし、乗客に対する態度もキチンとしてて気持ち良かったです。ラテンアメリカの航空会社もこのくらい成長して欲しいもんです。

問題は帰りの機内で起きました。通路挟んで隣りに座ってた日本人の兄ちゃん(推定38歳)が、飛行中の足のむくみを予防するためか草履に履き替えて足を組んでたんだけど、これが臭うわけですよ!!!
言ってみれば空豆を発酵させたみたいなさあ…。
臭いがイヤでしばらく口だけで呼吸してたんだけど、彼の臭い成分を肺に直接入れてるのかと思ったら心理的には尚更キツくなって…。
このまんま日本まで12時間耐えられるわけないと思って暗くなってたんだけど運良く斜め後ろが空席だったから早速移動したわけですよ。
そしたらその移動先の隣りの日本人女性(推定28歳)がブーツを脱ぎ始めたんで、まさかこのお姉ちゃんも…と身構えたけど彼女は臭いナッシングでひと安心。

長旅だから靴を脱ぎたくなるのは当然、人間にニオイがあるのも当然、だけど自分の足が臭うかどうかを客観視するのは簡単なはずなんだから、もうちょっと気を遣って欲しいもんですよ。「アンタ香水キツいよ」っていうのは言えるかもしれないけど「アンタ足くさいから靴履いてくんない?」ってのはさすがに言いにくいわけよ。
そんなこんなで帰国したら昨日は銀座の王子ホールでブロドスキ・カルテットのみなさんとコラボの本番。
今回は7曲中5曲のアレンジを書き下ろししなきゃならなかったんですが概ね上手くいったかと思います。
正直なところ弦楽四重奏のアレンジを書いたのは初めてだったからちょっと不安もあったんですが。
でも何よりカルテットのみなさんに気に入ってもらえたし。お客さんにもかなり盛り上げていただきました。ご来場ありがとうございました!

また明日武蔵野で彼らの公演があります。僕も聴きに行きます。詳しくはこちら。
http://www.musashino-culture.or.jp/idx_event_info.html
昨日のコンサートはライブ収録されてました。近々テレビで放送される予定です。

あ、それから去年僕がやったピアソラのオラトリオ「若き民衆」のライブが30日夜七時半からNHK―FMで再放送されます。詳しくはこちら。また聴いておくんなまし。
http://www.nhk.or.jp/fm/

明日から3月の調布と千葉での公演の準備に入ります。調布、千葉公演についての詳しい情報はこちら。
http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=8273
http://www.culture.chiba.bunkaplaza.com/presents/collaboration.pdf
長い更新失礼しました。調布と千葉で会いましょう…。

2009-01-29 15:38 この記事だけ表示 |コメント 4 |トラックバック 0

新堂本兄弟の収録[小松亮太]

今日はフジテレビ「新堂本兄弟」の収録でした。
今週日曜にオンエアです。詳しくはこちら。
http://wwwz.fujitv.co.jp/DOMOTO/index.html
http://otogumi.fujitv.co.jp/lovekp/M200901.html

いま成田空港です。今夜のフライトで所用でロンドンに行って来ます。
また帰国したら更新します。
2009-01-20 21:53 この記事だけ表示 |コメント 6 |トラックバック 0

富山 オーバードホール[小松亮太]

富山オーバードホールの「ニューイヤーGALAコンサート2009」盛り上がって終わりました。
大阪フィルハーモニー交響楽団のみなさん、指揮者は円光寺雅彦さん。
ゲストは幸田浩子さん(ソプラノ)、小山実稚恵さん(ピアノ)、錦織健さん(テノール)、堀米ゆず子さん(バイオリン)紺野美沙子さん。…すげえ!
当たり前だけど楽屋モニターで聞いてるだけでみなさん完璧に上手いのがわかる。
クラシックの錚々たるソリストに混じって僕は「碧空」と「アディオスノニーノ」弾いて来たよ! もちろん僕のフルオーケストラアレンジでした。
まさか「碧空」を自分でアレンジして弾くことになるとは…っていう感じ。
昔ドイツタンゴとして世界的に流行ったらしい。とにかく年配の人(60代後半くらいから上の方々)で知らない人はいないくらいの有名曲だから僕も修行時代は毎日弾いてたけど。
今回はドイツ音楽特集だったから、ドイツタンゴをっていうオーダーで初めてアレンジして上手く書けたと思います。
はっきり言って「ごく普通」にアレンジすると古くさい曲だから、コード進行もかなり凝ってみたんだけど、捻ったアレンジを書くならむしろタンゴバンドよりシンフォニーオーケストラの方が素晴らしく響くと思いました。円光寺マエストロ&大阪フィルのみなさんありがとうございました!!!
DSCF1718.jpg
画像はマエストロ&小山さん&堀米さんと。
主催者の方に頂戴した日本酒を車中で舐めながら帰京。枡ももらったんだけど、やっぱり日本酒は枡だね。塩も買っとけば良かった…。
090111_1128~01.JPG

2009-01-13 00:14 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0

冬休み最後の日は[小松亮太]

冬休み最後の今日は家族を男女別にして、男どもは鉄道鑑賞会でした。
新幹線への想いがどうしようもないレベルに来てしまってる5歳のチビに特別サービスで東京駅から新横浜まで乗せてやりました。
新横で降りて運転手さんに手をふると、発車間際にハデに手を振り返してくれました。運転手さんの姿はちょっと見えづらいか…。
090108_1550~01.JPG

僕のこの5年間の経験では運転手さんも車掌さんも大概リアクションをとってくれますね。やっぱり子供たちにとって自分たちはアイドルなんだ、っていう運転業務そのものとは別のプロ意識があるんでしょうか。
子供たちが優しくしてもらってるのを見ると親もうれしいんだよ。
新横浜からブルーライン経由でみなとみらい線で中華街へ行く。車中で坊主たちから絶え間なく繰り出される鉄道カルトクイズのお陰で疲労は頂点に。
三人で特大の豚マンを立ち食いしたら今度は東横線で渋谷まで行ってまた乗り換えて…。
疲れた!けど運動した達成感はあって気持ちいい。
明日から富山なんだけど…また新幹線か。
2009-01-09 00:49 この記事だけ表示 |コメント 6 |トラックバック 0

あけましておめでとうございます[小松亮太]

あけましておめでとうございます!
そんなわけでございまして2009年です。
大晦日はガラ空きの電車に乗りまくって坊主たちにサービス。用もないのに西武秩父線に乗って行ったり来たり。
元旦の昼は、かみさんの母上がすばらしい御節料理を用意してくれて正月気分を満喫しましたが、夕方からすぐに個人練習&新曲の仕上げ。
2日も新曲の仕上げ&個人練習。
まじめでしょう?すごいプロ意識。
それというのも世の中から正月の匂いが年々消えて行ってるからなんだよね。正月はこれっていう遊びもなけりゃ、正月くらい遊び惚けようぜっていう空気感もない。
実に風情のないことになってるな日本。
いや僕個人に風情がないだけなんだろうか…。
明日あたり子供たちと福笑いでもやってみるよ。
とにかく今年もよろしくお願い申しあげます。
画像はうちの坊主たちに来た年賀状の数々。友達と上手くいってるみたいでちょっと安心。←短絡的な親父

090103_0031~01.JPG
2009-01-03 08:32 この記事だけ表示 |コメント 3 |トラックバック 0

今年も応援ありがとうございました[小松亮太]

ファンの皆様には今年もお世話になりました。
皆様はどんな一年でしたか?
不景気、犯罪、汚職、災害、公害…。今年は新聞を開くのが毎朝しんどかったです。
僕はどんな世の中になっても負けたくないし凹みたくありません。でもときどき気持ちがしんどくなります。世の中はどうなってしまってるのか…。
それでも音楽に打ち込める幸せをかみしめて、来年は今までに増してライブに、レコーディングに挑戦して行きます。今から期待しちゃって下さい。
1月6日にはNHKラジオ第1の「ラジオ・ビタミン」 1月10日は富山オーバードホール、1月28日は王子ホール(完売しました)、 1月30日はピアソラの「若き民衆」日本初演ライブがNHK―FMで再放送 3月10日には調布市文化会館でのライブが決定しました。
春にはライブイマージュもあります。
それではよいお年をお迎え下さい。
今日の意味なし画像はうちの坊主の美容体操です。(心なしか最近痩せてきた気がする)
080922_2142~01.JPG
2008-12-31 01:17 この記事だけ表示 |コメント 4 |トラックバック 0