「ブエノスアイレスのマリア」曲解説その3[コンサート]

雨梅雨ですねー!除湿機廻しっぱなしでも部屋中びちょびちょです。
130622_0159~01.jpg
さすがに子供らもウンザリらしく、てるてる坊主(てるてる姫?)をティッシュで作成するも効き目なし。

神様6月24日と29日だけは降らせないでいただければ幸いです。

揺れるハートピアソラのオペラ「ブエノスアイレスのマリア」江古田バディで全曲やります!揺れるハート電話予約していただければ1ドリンク付き3000円でご奉仕!!!!

★6月24日(月)
18:30オープン19:30スタート
会場:江古田Buddy 西武池袋線 江古田駅の南口を出てスグのゲームセンター地下のバディ(Buddy)です。
http://www.buddy-tokyo.com/map_l.html
バンドネオン小松亮太 ボーカルSayaca/KaZZma ナレーター片岡正二郎 ピアノ黒田亜樹  ベース田中伸司 バイオリン近藤久美子/谷本仰 ビオラ吉田有紀子 チェロ松本卓以 フルート井上信平 ギター鬼怒無月 パーカッション佐竹尚史/真崎佳代子

◆前売りご予約¥3,000.当日¥3500(ともに1ドリンクつき)
ご予約:03-3953-1152 バディ
★6月29日オペラシティ公演は完売しました。


ではでは曲解説その3「ブエノスアイレスのマリア」!

【第二部】
4曲目
精神分析医のアリア
http://www.youtube.com/watch?v=dHFLLLzkrMk
スネアドラムとピッコロのマーチで始まる。「よってらっしゃい見てらっしゃい、ブエノスアイレスっ子のサーカスに精神分析医をお招きしています!」という弁士の口上と歌の掛け合い。この部分の音楽は完全にピアソラの師匠ヒナステラの手法の模倣になっていて、ヒナステラの組曲「エスタンシア」の中にかなり似た曲がある。
歌詞は要するにブエノスアイレスっ子とその社会や政治に対する風刺とヤケクソ讃歌。
途中からは突然ロマンティックな音楽になって主人公マリア(女性歌手)と精神分析医(男性歌手)の掛け合いが延々つづく。最後は第一部2曲目「マリアのテーマ」のメロディが少し出て締め。


5曲目
小悪魔のロマンス
http://www.youtube.com/watch?v=Y_m9PD08uvU
ひたすらナレーション(小悪魔)とピアノの掛け合い。
この感覚的なピアノパートは実はしっかり書き込まれたもので、アドリブ的要素は無い。
肝心の詩は「お前がどこにいようとも私は狂気の力で型破りな讃美歌の如く響かせよう。盲目の老人がお前に捧げるバイオリン第三弦の音」だの「再び生まれれば罠がわかるだろう。マテ茶の樽に潜む罠。靴から見る空の穴にも降らない雨。その一滴にも罠。過去の時にも罠があることを」といったシュール(という言葉で片付けるのは良くないんだけど)なものだが、要するに「感じれば」いいのだ!と、ラテンアメリカ文学のオーソリティー野谷文昭先生はおっしゃってます。


6曲目
アレグロ・タンガービレ
http://www.youtube.com/watch?v=H1VsmJOcHfE
インストゥルメンタル。タイトルは勿論アレグロ・カンタービレのもじり。お聞きの通り夢に溢れた曲じゃありませんか。演奏は大変だけど。ちなみにピアソラ自身はこの曲だけを単独で演奏したことは結局なかったようで、つまりこの曲の自作自演を聞いたことがある人は、ピアソラが自腹を切って(愛車も手放したらしい)上演した「ブエノスアイレスのマリア」全曲演奏を観に行った人だけのようだ。もったいない!


7曲目
受胎告知のミロンガ
http://www.youtube.com/watch?v=TEEf4X9dz_Q
この演奏を聞いた人は「なんだ、私はマリア(Yo soy Maria)じゃん!」と思うだろうが、これはあくまでも「受胎告知のミロンガ」なんです。
つまりですね「ブエノスアイレスのマリア」の作詞を担当したH・フェレール氏が、「受胎告知のミロンガ」に全く別の歌詞を後々つけたのが「私はマリア」なんです。歌詞が変わると題名が変わる、というわけなんです。
なので、最近は「ブエノスアイレスのマリア」を全曲やる場合、「私はマリア」と「受胎告知のミロンガ」の両方を演奏するやり方と、「私はマリア」は加えないやり方があるわけなんです。


8曲目
タングス・デイ
http://www.youtube.com/watch?v=L4IcGu6zhYM
いよいよ終曲。マリアは死に、もう1人のマリアが生まれる…
タイトルは勿論アニュス・デイのもじり。「今日は日曜日」という言葉で始まる口上と男性歌手の丁々発止の掛け合いで盛り上がる。
途中でマリアのスキャット、ナレーション、バンドネオン、グロッケンシュピール(小型鉄琴)だけの静かなコラール風の部分を挟んでから、男性歌手の「カリエーゴ調のミロンガ」のメロディが戻ってくる。最後はタンゴのリズムに戻り「マリアのテーマ」のメロディも再現されて鐘(テューブラ・ベル)が打ち鳴らされて締め。


最後まで読んでいただいたことに心より感謝!

6月24日@江古田バディ、そして6月29日@東京オペラシティ、どうぞよろしくお願いいたします!


2013-06-22 00:00 この記事だけ表示 |コメント 0 |トラックバック 0
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。