「ブエノスアイレスのマリア曲解説その2」[コンサート]

割りと早めの更新です。

ピアソラ【ブエノスアイレスのマリア】小松亮太オリジナル曲解説その2!

おっとその前に手(パー)←しつこいあせあせ(飛び散る汗)


揺れるハートピアソラのオペラ「ブエノスアイレスのマリア」江古田バディで全曲やります!揺れるハート3000円でご奉仕!!!!

★6月24日(月)
18:30オープン19:30スタート
会場:江古田Buddy 西武池袋線 江古田駅の南口を出てスグのゲームセンター地下のバディ(Buddy)です。
http://www.buddy-tokyo.com/map_l.html
バンドネオン小松亮太 ボーカルSayaca/KaZZma ナレーター片岡正二郎 ピアノ黒田亜樹  ベース田中伸司 バイオリン近藤久美子/谷本仰 ビオラ吉田有紀子 チェロ松本卓以 フルート井上信平 ギター鬼怒無月 パーカッション佐竹尚史/真崎佳代子

◆前売りご予約¥3,000.当日¥3500(ともに1ドリンクつき)
ご予約:03-3953-1152 バディ
★6月29日オペラシティ公演は完売しました。


手(パー)前回は5曲目「フーガと神秘」まで書きましたね。では続きを…

6曲目
ワルツでできた詩
http://www.youtube.com/watch?v=z_WXwVtqUY4
一応「フルートとチェロと女声のための」みたいな副題が付いているけどチェロはそんなに目立たない。伴奏はちょっとフランス的な気だるいワルツだけれど、歌はいかにもエッジの利いたタンゴ的なリズムで歌われる。バンドネオンを擬人化した言葉が多いが、この曲はバンドネオンは不参加。


7曲目
やくざな(罪深い)トッカータ
http://www.youtube.com/watch?v=jFjboNx5_ls
演奏はサウンドトラック的な要素が強く、ひたすらナレーションが頑張る曲。キリスト教世界観にタンゴ創成期のヤクザ的世界観を掛け合わせたようなその詩は難解。
多分アルゼンチン人でも余程タンゴに興味がない人じゃないと理解は難しいだろう。
昨年演奏した「エル・タンゴ」(ピアソラがボルヘスの詩に曲をつけた組曲)の世界を知れば少し雰囲気はわかるかも。


8曲目
キザな懺悔の歌
http://www.youtube.com/watch?v=7zwZE6tmfy4
これも演奏はひたすらサウンドトラックに徹する(同じフレーズのしつこい繰り返しが辛いもうやだ〜(悲しい顔))。売春宿のマダムと古き大盗賊が主人公マリアに悪の祈祷(鎮魂?)を捧げる。


【第二部】
1曲目
葬送のコントラミロンガ
http://www.youtube.com/watch?v=0JhjSWniStw
この演奏はピアソラの自作自演で、彼自身が発表した「ブエノスアイレスのマリア」全曲録音の音源から本来入るはずのナレーションを抜いたもの。つまりナレーションがない単なるインストとしても成立する。
基本的なリズムはミロンガ(ハバネラ)で、「シドーレシドー」というカウンターラインの繰り返しは第一部の「狂ったオルガニートへのバラード」で出てきた音型の変形で、この音型は終盤の「受胎告知のミロンガ」でも大活躍する。
詩は「猥褻なCMソング」だの「変なビート族」「ツイストの葬送曲」など60年代っぽいフレーズがいろいろ。


2曲目
暁のタンガータ
http://www.youtube.com/watch?v=Mbgrj_jt940
インストゥルメンタル。この人はこういう曲をいったい何曲書いてるんだろうか……という気持ちになることも無くはないけれど、演奏する段階になればやっぱり燃えてしまう。
タンゴの普通の4ビート、ミロンガ(ハバネラ)、が交互に登場し、シンコパ(シンコペーション)は終盤にしか出てこない。
途中で出てくるバイオリンのゆっくりしたソロは、ちょっととりとめがない感じで、間を持たせるのが難しい。バイオリンソロが済んだ後、ミロンガのリズムに乗って延々とデカい音で頑張り続ける箇所もテンションの維持がしんどい。こういったメロディ中心じゃないタンゴ曲には、とにかくスポーツライクに立ち向かう感覚がキモなのだ。


3曲目
煙突と街路樹に寄せる手紙
http://www.youtube.com/watch?v=uBhEBXwCKto
バンドネオンは参加しないワルツ。「移民」とか「郷愁」とかの直接的な言葉こそ出てきこないが、歌手のSayacaさんによるとブエノスアイレスに生きるヨーロッパからの移民としての望郷の辛さが執拗に表現されているとのこと。今はもう70歳近い人でも移民3世ぐらいだから、若い人でも両親や祖父母の祖国に想いを馳せる人はいるんだろうか。ちなみにこの曲ができた60年代後半、ピアソラは40歳代後半のイタリア移民2世だったから、こういう詩に対するリアルタイム感は今のブエノスアイレスっ子とは全然違っただろう。


また次回に続きます黒ハート


2013-06-19 00:00 この記事だけ表示 |コメント 1 |トラックバック 0
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
こんばんわ。いよいよ明日は「ブエノスアイレスのマリア」ですね!

1部の9曲目は演奏されないのでしょうか?それとも私が持っているCDとは別物なのでしょうか?(タイトルも微妙に違っているものがありますので・・・)

1曲ごとの丁寧な解説をありがとうございました!!小松さんの視点での言葉が楽しかったです!(笑)
赤毛のアン子(2013-06-28 21:48)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。