メディア&ライヴ情報![メディア情報]

富士山.jpg
黒ハート黒ハート黒ハートFacebookその他でお知らせしていましたが極寒の河口湖で撮影があったんですよ! 前日の未明から待機してたんですが、流れ星も富士山もあまりに神秘的でしばしうっとり晴れ

あせあせ(飛び散る汗)しかしそんな悠長なもんじゃありませんでした。体中にカイロを貼って臨戦態勢を整え撮影開始。途中何度か熱いスープを飲んだりカップラーメンを食べたりして凌ぎましたが、自然の寒さは厳しかった。。。
カップラーメン.jpg
ぴかぴか(新しい)そんな体を張ったロケによる映像はあまりにも美しくご覧いただけます。こちらです。http://www.bs-tbs.co.jp/documentary/sekaiisan4khd/
◆BS-TBSで毎月第一&第二土曜日、午後5時から4K撮影版の「THE世界遺産」放送中。番組冒頭に4Kの美しい映像でバンドネオンの小松亮太が富士山をバックにテーマ曲「風の詩」を演奏します。

【ラジオ】
★バンドネオン小松亮太 FM NACK5「キリン一番搾りOne More Pint」出演。DJはブラザートムさん。炸裂トークを1時間たっぷりと。http://www.nack5.co.jp/one_more_pint/guest.shtml
◆4/11(金)18時〜19時 NACK5(埼玉&関東)埼玉を中心に関東エリアで79.5MHzでお聞きいただけます。
◆4/12(土)18時〜19時 cross fm 福岡エリアで78.7MHzでお聞きいただけます

【テレビ】
◆4/12(土)NHK-BSプレミアム 深夜26:40~ ※日曜未明J-MELLO総集編 ?バンドネオン小松亮太が2009年に出演した大貫妙子さんとのライブを少し放送。

人気オペラ歌手の幸田浩子さん、北川辰彦さん、ジョン・ハオさん出演のBSフジ「レシピ・アン」にゲスト出演します。
◆4/19,26(土)18:30〜18:55 http://www.bsfuji.tv/recipean/

毎年恒例、live imageの特集番組に出演します。
テレビ朝日「イベ検」内『ライブイマージュ14 直前特集 〜今年も癒しますSP!〜』
◆4/19(土)27:45〜(深夜3:45〜)

栗山千明さんの「心の都へスペシャルに出演します。
◆4/20 16:25~日本テレビ(関東ローカル)
◆4/26 14:00~ BS日テレ(全国放送)
http://www.ntv.co.jp/miyako/ 新曲「祈り灯」の演奏もあります。



【雑誌】
★小松亮太が、全国に設置されている無料フリーペーパー「屋上とそら」に表紙とインタビューで登場!バンドネオン話から、雑誌名にちなんだ屋上の話まで!普段聞けない小松の屋上話もおもしろい!4月13日発行です。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=748397528534003&set=a.553783507995407.1073741825.478970935476665&type=1&theater

【ラジオ】
◆4月12,13,18,20,23,26,28日 NHK-FMまたはNHKラジオ第2「名曲の小箱」アディオス・ノニーノhttp://www.nhk.or.jp/meikyoku/schedule/s1404c.html 作曲:アストル・ピアソラ 編曲&バンドネオン:小松亮太 指揮:金聖響 東京フィルハーモニー交響楽団

◆4/15(火)FM世田谷「栗原美季 カフェ・レアール」内の「カフェ・アラモード」にゲスト出演します。
生放送でお送りします。生演奏もあり!11:30〜11:45頃出演予定です。83.4MHzでお聞き頂けます。

【雑誌】
★都内の駅や劇場に設置されているフリーペーパー「Vivace」にバンドネオン奏者、小松亮太の記事が掲載されています。その名も「わたしの深イイ音楽話」!思わず深い!と言ってしまうような内容となっております。ぜひお手にとって見てみてください

★都内駅や劇場に設置されているライブや演劇情報専門のフリーペーパー「カンフェティ」にインタビュー記事が掲載されます。5/5発行です。ブエノスアイレスのマリアについて熱くたっぷりと!

【CD】
◆小松亮太(バンドネオン)は「黒ネコのタンゴ」で土岐麻子さんと、「メトロポリタン美術館」で大貫妙子さんと共演しています。http://www.sonymusic.co.jp/kidsjazzcd
神谷えり、しまじろう,ケイコ・リー、JUJU、TOKU、日野皓正、マヤ・ハッチが参加。「きっずじゃずCD」発売中。


ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)小松亮太が出演する公演目白押しです!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

◆4月12日(土)ライヴ・イマージュ ヌーボー@ミューザ川崎シンフォニーホール
http://www.tvk-yokohama.com/asia/

◆4月26日(土)〜5月18日(日)ライヴ・イマージュ
川口 名古屋 大阪 神戸 福岡 福山 長崎 東京
http://www.liveimage.jp/

◆4月30日(水)講演会「小松亮太が語るタンゴ」〜タンゴファンになるための、はじめの一歩〜
板橋区立グリーンホール 1階ホール
お問合せ:板橋区立文化会館チケットセンター 03-3579-5666
http://www.itabun.com/event/?submit_details=&event_id=479&cl=search

★5/21(水)茨城県常陸大宮市文化センター 小松亮太(バンドネオン)ライブ。
11人編成でタンゴの名曲を!
※藝文友の会の催事です。会員申込締切り後に余席がある場合には一般の方も電話にてご応募可(一般料金 4700円)。お問い合わせTEL 029(231)6611

◆6月14日(土)
東京あきる野市 秋川キララホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆6月25日(水)
台湾・台北市ナショナルシアターコンサートホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆7月15日(火)19時
板橋区立文化会館
ピアソラ「ブエノスアイレスのマリア」全曲
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=599160423513500&set=a.132563430173204.26603.132080010221546&type=1&theater
小松亮太(バンドネオン)pf黒田亜樹gt鬼怒無月bs田中伸司vo SAYACA vo KAZZMA vl近藤久美子/谷本仰 va吉田有紀子 vc松本卓以 fl井上信平 Dr佐竹尚史 Per真崎佳代子ほか
お問い合わせ:コンサートイマジン0332353777(発売中)

◆7月18日(金)19時
なかのZEROホール
ピアソラ「ブエノスアイレスのマリア」全曲
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=599160423513500&set=a.132563430173204.26603.132080010221546&type=1&theater
小松亮太(バンドネオン)pf黒田亜樹gt鬼怒無月bs田中伸司vo SAYACA vo KAZZMA vl近藤久美子/谷本仰 va吉田有紀子 vc松本卓以 fl井上信平 Dr佐竹尚史 Per真崎佳代子ほか
お問い合わせ:コンサートイマジン0332353777(発売中)

◆7月21日(月・祝)
八ヶ岳高原音楽堂 小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆8月9日(土)
会津若松市文化センター 小松亮太トリオ/L・ブラボGt/田中伸司Bs

◆8月30日(土)15時
よみうり大手町ホール 小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆9月20日(土)18時
長野県 松本ハーモニーホール 小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆9月23日(火・祝)15時
伊丹アイフォニックホール 小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス

◆11月15日(土)
よみうり大手町ホール
バンドネオンによるブルックナー交響曲第8番

心よりお待ちしております!
2014-04-09 10:30 この記事だけ表示 |コメント 0 |トラックバック 0

ポーチョ・パルメルさんのこと[日々の様子]

黒ハート99年にツアーとレコーディングでご一緒したバンドネオン奏者のポーチョ・パルメル氏が(Pocho Palmer)65歳で亡くなったそうです。

るんるんかなり荒削りな中に独特な柔らかさを持ったバンドネオンでした。明らかに現在の50代以下のバンドネオン奏者たちには見られない、良い意味で「昔の人」のフィーリングを持った最後の人……と言ったら言い過ぎかもしれませんが。

とにかく素晴らしいプレイヤーでしたが、正直に言って狭い狭いタンゴの世界においてさえ、全く有名人ではありませんでした。

しかし彼のように、本物でいながらにして、その音楽性を誰かに具体的に論評してもらえるわけではない(亡くなったときですら!)人について書き留めておく使命感にかられながらこのブログを書いています。

ぴかぴか(新しい)ポーチョさんは80年代末期〜90年代半ばまで、ピアニストのオマール・バレンテ氏のサポートメンバーとしてたびたび来日していました。

オマール・バレンテ氏のオルケスタで弾くポーチョさん(ギターの左隣)1990年頃?
曲はO・マデルナ作曲/バレンテ編曲「星の雨(直訳)」
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=tedtt6yQSqA

まだバブル崩壊の初期だったから、地球の裏側のミュージシャンを長期間滞在させて生演奏を提供する贅沢なライブハウスが六本木に2軒ほどあって(今では信じられない)、そこに滞在したバレンテさんやポーチョさんには楽譜をいただいたり、アドバイスをいただいたり、ちょこちょこお世話になっていました。

当時20代前半だった僕は、どうしても先輩バンドネオン奏者に現場で鍛えられる経験をしてみたかったし、それを仲間にも経験させたかった。本場のいろんなバンドネオン奏者をリサーチする中で、紆余曲折を経てポーチョさんにたどり着いたんです。最初はもっと若い人に狙いをつけていたんですが、音楽的にはむしろラッキーでした。

ビールで、一緒にツアーした後レコーディングしたのがこれ。99年の「来たるべきもの」。
ポーチョさんも大変だったし、昔のボロボロの音源から譜面を書き起こした僕も大変だったけど、何しろギターの鬼怒無月さんが大活躍で重労働でしたね。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%82%82%E3%81%AE%E3%80%8D%EF%BD%9ELo-Que-Vendra-%E5%B0%8F%E6%9D%BE%E4%BA%AE%E5%A4%AA/dp/B00005G870
アストル・ピアソラの1950年代の「オクテート・ブエノスアイレス(ブエノスアイレス八重奏団)」をコピーして再現するというクレイジーな企画で、これはいつの間にかアルゼンチンのミュージシャンの人たちにも知られていたようでした。


黒ハート改めて考えてみればポーチョさんは音楽的に、そして世代的に独特なポジションにいた、と言えるかもしれません。というのは、現在60歳台半ばの人というのは、ざっくり言ってしまえば世界中(特に共産圏以外は)どこの人も基本的にはビートルズ世代です。新しい音楽性に世界が震えたと同時に、(敢えてネガティブに考えれば)音楽の世界からローカリティーが失われ始めた頃が青春時代だった世代。

「演歌を聴かない日本人」がたくさんいるように、「タンゴをよく知らないアルゼンチン人」なんて、珍しくもありません。世界中が良くも悪くもグローバル化する中、ローカル色の強いアートの弱体化はどこの国でもあることですが、特にタンゴはひどかった!

しかもタンゴの場合、ファンを他国の音楽や娯楽に奪われる→奪い返す、という戦いは、ビートルズのブレイク時に始まったことではなく、1920年代あたりからず〜っと繰り返しあったことなんですよね。

元々はタンゴとは無関係なバンドネオン(ドイツ製)が入っていることからもわかるように、移民が「わざわざ作った」タンゴには民族的な(DNA的な)、自然発生的な根っ子は余りない。しかもジャズ等と違って、「基本的にはブエノスアイレス限定」という地域的な小ささには、「ここが潰れても他がある」という強さがありません。外国に広まったタンゴの大半はイージーリスニングに改竄されてしまっていたし…。

ちなみにアルゼンチンで土着的に根付いてる音楽と言えば、約40種類以上あると言われる各地特有のフォルクローレ(フォークロア)。ここにはモンゴロイド(いわゆる先住民のインディオ)の音楽性と強く結び付いたものも結構あるけど、タンゴの場合は8割方は移民の白人だけで頑張って作った感じ。ラテンアメリカのポピュラーミュージックなのにパーカッションを基本的には入れないのがその証拠。

exclamationそういったわけで、ポーチョさんという人物を改めて考えてみると、やはりタンゴミュージシャンのブランク世代だったんだなぁと感じます。確かに彼と同世代で「タンゴ野郎!」っていう感じの人はあまりいない。というか、そもそも彼と同世代のタンゴ人がパッと思いつかないぐらい絶対数が少ない。

つまり彼はタンゴ全盛期の真っ只中(1940〜50年代)の大編成オルケスタで先輩たちに揉まれた経験はない。その代わり彼には、若い頃(60〜70年代?)にポリーチェ(タンゴの小さなライヴハウスというかバー)での実戦で鍛えられた生粋のタンゲーロ(タンギスト)としての強みがありました。

タンゴ的にはピアソラの息子世代で、世界的にはビートルズ世代でありながら、(現在70歳前後の著名なタンゴミュージシャンのように)ピアソラに影響され過ぎた形跡は全然ない。むしろピアソラの更に先輩の世代(J・アウマーダとかC・ガルシーア等)から可愛がられたことで、限りなく全盛期経験者のおじいちゃん達に近いスキルと音楽性を持つ稀有な存在でした。(でも現実にビートルズ世代であることは確かで「オーバー・ザ・レインボーを聴くと胸がちょっと痛くなる」って言ってたな)。

ぴかぴか(新しい)具体的に昔ながらのタンゴミュージシャンの強みを説明すると…

★ある程度有名な曲であれば、詳細なアレンジ譜が用意されていなくても即興的に演奏できる。歌の伴奏も、歌手に合わせて様々なキーで即興的に伴奏できる。

↑↑↑
そのスキルを応用して、アレンジされた譜面を弾く際にも、楽譜に書いていない(記号化できない)フィル、フェイクを加えて、いわゆるヘッドアレンジ的に様々な色付けをすることができる。

↑↑↑
更にそれらの経験値を生かして、既成のアレンジ譜面に変更を加えたり、様々な音楽的アイデアを追加してオリジナリティを高めることができる。

黒ハート99年前後、ポーチョさんを日本に呼んで一緒にツアーしたりレコーディングしていたときは、「な〜るほど、譜面に書いてなくてもこんなことやっちゃえばいいんだ!」とか「こう弾けばこう聞こえるんだ!」みたいな発見の連続でしたね。楽譜に書かれたアレンジの面白味と、個々のプレーヤーが持つタンゴ的スキルとのブレンド、ぶつかり合いがタンゴを聴くときの一番の醍醐味なんだと痛感しました。

そもそも、あらゆるポピュラーミュージックの世界では、こういった「楽譜に書けない(書かない)」音楽的センスやスキルは、常に一人一人のプレイヤーに求められるものです。しかしタンゴの世界で、生演奏を聴かせる小さなクラブやバー(観光客向けではない)が劇的なほど減少した今、ミュージシャンたちは、「現場の経験」でそれを体得するチャンスになかなか恵まれないわけです。

更に「ピアソラのタンゴの演奏にはそういったタンゴ・スキルを必要としない」という誤解が世界的に定着してしまった現在なので、なおさら楽譜に書けないタンゴの《技》は、日いち日と消えつつあるわけです。と、決めつけてもいけないんですけど…

exclamation本当はポーチョさんみたいな比較的若くて昔ながらのスキルと味を持った人が早世したことは、ただでさえ小さなタンゴの世界にとって損失であるのは確か。昔ながらのタンゴ野郎としてのパフォーマンスを65歳にしてナチュラルに体現してくれたポーチョさんは、10〜20代の人にとっては(実は)大きな存在だったように僕には感じられるんですが。

ぴかぴか(新しい)最後にポーチョさんがトリオで演奏したフリアン・プラサ作曲の「ダンサリン」
http://www.youtube.com/watch?v=maCRcoH8O2A

↑↑↑↑↑↑この演奏、よーく聴いていると細部がところどころアバウト。でも全体的にはバッチリ音楽になっている。多分これは、ちゃんとアレンジを書かないで、彼お得意のヘッドアレンジ(タンゴの業界用語でパリージャ)でやった演奏ですね。

たらーっ(汗)また長くなりました。ポーチョさんと出会ったところからず〜っと書いてみようかと思ったけど、いくら何でも長くなるからやめときます。いろいろあったなぁ(遠い目)。

ポーチョさんのご冥福をお祈りします。


◆4月12日(土)ライヴ・イマージュ ヌーボー

ミューザ川崎シンフォニーホール
http://www.tvk-yokohama.com/asia/


◆4月26日(土)〜5月18日(日)ライヴ・イマージュ

川口 名古屋 大阪 神戸 福岡 福山 長崎 東京
http://www.liveimage.jp/

◆6月14日(土)
東京あきる野市 秋川キララホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆6月25日(水)
台湾・台北市ナショナルシアターコンサートホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆7月15日(火)19時

板橋区立文化会館

ピアソラ「ブエノスアイレスのマリア」全曲

お問い合わせ:コンサートイマジン0332353777(発売は3月)

◆7月18日(金)19時

なかのZEROホール

ピアソラ「ブエノスアイレスのマリア」全曲

お問い合わせ:コンサートイマジン0332353777(発売は3月)

◆7月21日(月・祝)

八ヶ岳高原音楽堂小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆8月9日(土) 会津若松市文化センター
小松亮太トリオ/L・ブラボGt/田中伸司Bs


◆8月30日(土)15時

よみうり大手町ホール 小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆9月20日(土)18時長野県 松本ハーモニーホール小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆9月23日(火・祝)15時伊丹アイフォニックホール

小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆11月15日(土)よみうり大手町ホールバンドネオンによるブルックナー交響曲第8番
2014-03-24 18:32 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0

ビルボードライヴ東京、無事終了しました![コンサート]

ビール小松亮太 with Special Guest 大貫妙子@ビルボードライブ東京 満員大盛り上がりで終了しました。

約2ヶ月ぶりのキンテート(クインテット)でしたが、メンバー一丸となった演奏だったと思います。

黒ハートそして僕ごときが言うのはアレですが、大貫さんの歌は年々さらに進化しているような…。

リハーサルのときから幸せでしたね。あとソングライターとしての大貫さんの素晴らしさを忘れちゃいけない!イベ−ルもエトランゼも素晴らしい曲です!

僕の作曲、大貫さん作詞の「ホテル」は、いつの日かバシッと発表の機会を考えたいと思います。

ぴかぴか(新しい)大貫さんありがとうございました!
__ (2).JPG

◆3月9日(日)高嶋ちさ子 12人のバイオリニスト ゲスト小松亮太
王子・北とぴあ
★完売しました

◆4月12日(土)ライヴ・イマージュ ヌーボー
ミューザ川崎シンフォニーホール
http://www.tvk-yokohama.com/asia/

◆4月26日(土)〜5月18日(日)ライヴ・イマージュ
川口 名古屋 大阪 神戸 福岡 福山 長崎 東京
http://www.liveimage.jp/

◆6月14日(土)
東京あきる野市 秋川キララホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆7月15日(火)19時
板橋区立文化会館
ピアソラ「ブエノスアイレスのマリア」全曲
お問い合わせ:コンサートイマジン0332353777(発売は3月)

◆7月18日(金)19時
なかのZEROホール
ピアソラ「ブエノスアイレスのマリア」全曲
お問い合わせ:コンサートイマジン0332353777(発売は3月)

◆7月21日(月・祝)
八ヶ岳高原音楽堂
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆8月30日(土)15時
よみうり大手町ホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆9月20日(土)18時
長野県 松本ハーモニーホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆9月23日(火・祝)15時
伊丹アイフォニックホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆11月15日(土)
よみうり大手町ホール
バンドネオンによるブルックナー交響曲第8番


心よりお待ち申し上げます!
2014-02-24 10:40 この記事だけ表示 |コメント 0 |トラックバック 0

公演&メディア情報[お知らせ]

ウチの子の心の友です。左がリルル(ウサギ)、右がオコちゃん(オコジョ)。


犬が飼い主に似るのと同じで、可愛いながらもなんとなく生意気なオーラを発して(いるように見え)ます。


【コンサートのお知らせ】
◆2/16(日)14時〜
ハッピー・タンゴ・アワー さいたま市文化センター 大ホール
出演 小松亮太(バンドネオン)須川展也Sax、奥村愛Vn、田中伸司Cb、松永裕平Pf
問合せ先:SaCLa(サクラ)インフォメーションセンター 048−866−4600(火〜土/9時〜17時)
http://www.saitama-culture.jp/d

◆2/23(日)小松亮太 with Special Guest 大貫妙子
会場:ビルボードライブ東京
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)ゲスト:大貫妙子
お問い合わせ:ビルボードライブ東京 03-3405-1133
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=8833&shop=1

◆7月15日(火)
板橋区立文化会館
ピアソラ「ブエノスアイレスのマリア」全曲
お問い合わせ:コンサートイマジン0332353777(発売は3月)

◆7月18日(金)
なかのZEROホール
ピアソラ「ブエノスアイレスのマリア」全曲
お問い合わせ:コンサートイマジン0332353777(発売は3月)

◆9月20日(土)18時
長野県 松本ハーモニーホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

◆9月23日(火・祝)15時
伊丹アイフォニックホール
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)

【メディア情報】
★2月2日(日)あさ9時〜
テレビ朝日「題名のない音楽会」
予告編http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/
ピアソラ:バンドネオン協奏曲
指揮:佐渡裕
バンドネオン:小松亮太
日本フィルハーモニー交響楽団


★2月2日(日)21時
ラジオJ−WAVE「THE HUMAN」トークゲストとしてアストル・ピアソラについて語ります。8.13MHzで、関東地方を中心にお聞きいただけます。
http://www.j-wave.co.jp/original/human/2014/01/28/

★2月4日(火)15:30〜
NHK−BSプレミアム「栗山千明のタンゴカフェ」
バンドネオン・ソロ演奏と栗山千明さんとのトークで出演。
https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=300-20140204-10-03333

★2月8日(土)17:30〜
BS朝日「題名のない音楽会」バンドネオン協奏曲(再放送)
http://www.bs-asahi.co.jp/daimei/

★2月9日(日)11:00〜
BS朝日「題名のない音楽会」バンドネオン協奏曲(再放送)
http://www.bs-asahi.co.jp/daimei/

★2月10日(月) 15:30〜
NHK−BSプレミアム「栗山千明のタンゴカフェ」
タンゴ・クアルテートの演奏で出演。

皆様のご来場とご高覧を心よりお待ちしております!
2014-02-01 16:48 この記事だけ表示 |コメント 0 |トラックバック 0

バンドネオン協奏曲について語る![メディア情報]

るんるんアストル・ピアソラ作曲の「バンドネオン協奏曲」について、僕なりにいろいろ語ってみようかと思います。


何故なら、これ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓がオンエアされるからです!


黒ハート2月2日(日)あさ9時〜

テレビ朝日「題名のない音楽会」

アストル・ピアソラ「バンドネオン協奏曲」全曲
指揮:佐渡裕
バンドネオン:小松亮太
日本フィルハーモニー交響楽団
【再放送】BS朝日
★2月8日(土)17:30〜
★2月9日(日)11:00〜

佐渡さんが明確な音楽的ビジョンを持つ指揮者なのは当然ですけど、それにしても実際にご一緒して「さすがだなあ…」と改めて思いましたね。「このバンドネオン協奏曲をどんな風にやるのか」という意思を、ここまで徹底してリハーサルする方は僕は初めてでした。

この曲は1979年頃に書かれた曲で、「協奏曲」というクラシック音楽の用語が使われている通り、一応3楽章構成で出来てはいるんですが、実は構成は結構単純というか…クラシックの構成にまあまあ近づいたポピュラーミュージック、というのが正確なところじゃないかと思います。


ピアソラはタンゴとクラシック、タンゴとジャズ、あるいはタンゴとロック、ポップスの融合をいつもいつも考えている人だったわけですが、この人が作った曲で、本当にクラシック的な形式で書かれているのは、1940年〜50年代前半の修業時代に集中していて、70年代以降だと「クラシックに本気で憧れているポピュラー畑の人が書いた曲」みたいな趣になってますね。


それが一番顕著なのはバンドネオンパートで、クラシック音楽の世界でよく言われる「書いてある音符の通りに弾く」という概念ではほとんどどうにもならない譜面なんです。


つまり書いてある音符をガイドにしながら、バンドネオン弾きが「即興的に変えて弾く」「あらかじめ好きなようにアレンジして弾く」ということが前提になっている譜面。逆の言い方をすれば「書いてあるままに弾いてるだけでは格好がつかない」譜面なんです。


これはピアソラだけでなく、あらゆるタンゴの作曲家やアレンジャーが採る手法ですね。わざと超単純に、そのまま弾くだけでは格好がつかないように書いておくことで、プレーヤーの自主的な即興やアレンジ意欲を誘発しようという…。


そもそもポピュラーミュージックでの「アドリブ」や「フェイク」あるいは「フィル」というものは、クラシック的に譜面に書こうとしても書ききれないし、書き出したら切りがないですからね。


例えばピアソラが自分でこの曲を弾いてる録音を、いくつかのバージョンを揃えて聴き比べてみてください。ひとりのバンドネオン奏者の場合に限ってみても、細かい部分は日によって全然違う音を弾いてるのがわかると思います。ちなみにその「違い」は、どこからどこまでがその場で閃いた「即興(アドリブ)」なのか、どこからどこまでがあらかじめ考えた「アレンジ(またはフェイク)」なのか、という判別は、プロの演奏者同士でもほとんどわかりません。


ピアソラにしろ、ピアソラ以外の作曲家のタンゴにしろ、フェイクされたりアレンジされたり、アドリブが加わることが前提のはずの譜面を、タンゴのスキルを持たない人が「そのまま」弾いてしまうことによって奇妙なものが出来上がってしまう、というパターンは決して少なくないわけです。


敢えて退屈なガイドラインしか書いていないタンゴの譜面にどんなアドリブ、フェイク、あるいはアレンジを加えて面白味を出すか。そのセンスとスキルを磨くには、古典タンゴを(先輩に怒られながら)たくさん聴いて、見て、弾いて経験するしかありません。ピアソラばかり弾いていてもタンゴそのもののスキルはあまり身につかないものなんですよ、不思議なことに!


ところが、ピアソラの曲によってタンゴの洗礼を受けたミュージシャンの中で、古典タンゴの奥深さにも気づける人はごくひと握り、というジレンマが、ブエノスアイレス以外のタンゴ世界が抱えている大問題なわけですよね。


真実を言ってしまえば、古典的なタンゴとピアソラのタンゴは、物理的に、技術的に、切り離せるはずがありません。この動かし難い真実に世界中のタンゴビギナーたちが気づかない限り、タンゴ・ミュージシャンのレベルアップは不可能です。「ピアソラは素晴らしいけど古典タンゴは所詮ダンスの伴奏だからどうでもいい」という誤解は世界中に定着し始めてけれど…


というわけで「バンドネオン協奏曲」は、オーケストラにはタンゴ演奏のスキルは無くていい。そのかわりタンゴ的エッセンスはひたすらバンドネオンが請け負って頑張らなきゃならない。


多分ピアソラは、どこの国に行っても自分がバンドネオンパートを弾きさえすれば、ほぼ理想的な演奏を可能にするレパートリーを作りたかったんだと思います。たとえタンゴ・ミュージシャンが一人もいない国に単身で行ったとしても、現地のクラシックのオーケストラが譜面の通り演奏してくれれば、タンゴ的エッセンスは自分自身のバンドネオンでカバーすればいい、というわけですね。メンバー全員がタンゴ・ミュージシャンでないと演奏しづらいレパートリーをそのまま外国に持って行って、右も左もわからないミュージシャンと演奏するのは無理がありますからね。


ちなみに小松が「バンドネオン協奏曲」を弾く場合、バンドネオンの巨星レオポルド・フェデリコ氏の演奏をかなり参考にしていることを告白しておきます。フェデリコさんの、ナチュラルなまんまスペシャルな演奏が僕は一番好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=LdAt7i8ctm0
これはバンドネオン協奏曲を、たった4人で演奏しようという企画のアルバムで、少人数の利点を生かしてフェデリコさんの天才ぶりが光ります。

………………………………………………………………………………
というわけでお知らせです。

黒ハート2/16(日)14時〜
ハッピー・タンゴ・アワー さいたま市文化センター 大ホール
◆出演 須川展也Sax、奥村愛Vn、田中伸司Cb、松永裕平Pf
◆S席:3,500円  A席:3,000円 B席:2,500円(全席指定)
◆問合せ先:SaCLa(サクラ)インフォメーションセンター 048−866−4600(火〜土/9時〜17時)
http://www.saitama-culture.jp/d


るんるん2/23(日)小松亮太 with Special Guest 大貫妙子
会場:ビルボードライブ東京
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)ゲスト:大貫妙子
お問い合わせ:ビルボードライブ東京 03-3405-1133
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=8833&shop=1


ビール3/9(日)北とぴあ
高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストwith小松亮太
【出演】高嶋ちさ子アンサンブル、高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト
スペシャルゲスト:小松亮太
【会場】北とぴあ さくらホール
開演16:00 開場15:30

心よりお待ちしております!
2014-01-25 01:22 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0

NHK BSプレミアム「栗山千明のタンゴ・カフェ」再放送決定![メディア情報]

NHK BSプレミアム「栗山千明のタンゴカフェ」が再放送決定!
全8回シリーズのうち、第3回、第6回目にゲスト出演しております。
どうぞご覧下さい!

★NHK BSプレミアム「栗山千明のタンゴカフェ」
・2/4(火)午後 3:30〜 「第3回」
・2/10(月)午後 3:30〜 「第6回」
2014-01-22 17:21 この記事だけ表示 |コメント 0 |トラックバック 0

題名のない音楽会に出演します![コンサート]

ぴかぴか(新しい)題名のない音楽会に出演します!

★2月2日あさ9時〜

テレビ朝日「題名のない音楽会」

ピアソラ「バンドネオン協奏曲」

指揮:佐渡裕

バンドネオン:小松亮太

日本フィルハーモニー交響楽団


僕が最も愛する和菓子、それが何だかわかりますか?


わーい(嬉しい顔)ほうよ、日本が誇る高級和菓子「黄身しぐれ」よ!


何故こんなに素晴らしい和菓子が「きんつば」や「おはぎ」と比べ知名度が低いのか…


というところから話を展開しようかと思って和菓子屋さんへ向かうも「うちは黄身しぐれはないんです…」という信じがたい結果にもうやだ〜(悲しい顔)


「でもあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)黄身しぐれを四角く固めたものならございますわーい(嬉しい顔)」ということで、勧められたのがこれ。
140120_1229~01.jpg


ハートたち(複数ハート)栗入り黄身しぐれ「月亜華里」(つきあかり、と読む)


栗入り、しかもヤンママの子供の名前のような名称に抵抗を感じながらも試しに購入。


うーん……四角く固めた時点で、あのフワリとした食感は失なわれている…かな?栗が入る必然性もあまり……


というわけで、お知らせです。


黒ハート2/16(日)14時〜
ハッピー・タンゴ・アワー さいたま市文化センター 大ホール
◆出演 須川展也Sax、奥村愛Vn、田中伸司Cb、松永裕平Pf
◆S席:3,500円  A席:3,000円 B席:2,500円(全席指定)
◆問合せ先:SaCLa(サクラ)インフォメーションセンター 048−866−4600(火〜土/9時〜17時)
http://www.saitama-culture.jp/d


るんるん2/23(日)小松亮太 with Special Guest 大貫妙子
会場:ビルボードライブ東京
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)ゲスト:大貫妙子
お問い合わせ:ビルボードライブ東京 03-3405-1133
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=8833&shop=1


ビール3/9(日)北とぴあ
高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストwith小松亮太
【出演】高嶋ちさ子アンサンブル、高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト
スペシャルゲスト:小松亮太
【会場】北とぴあ さくらホール
開演16:00 開場15:30

心よりお待ちしております!
2014-01-20 14:16 この記事だけ表示 |コメント 1 |トラックバック 0

小松亮太 with ラスト・タンゴ・センセーションズ[コンサート]

小松亮太 with ラスト・タンゴ・センセーションズ公演決定!
ピアソラから、「THE 世界遺産」オープニングテーマ曲まで演奏。
2014年9月23日(火・祝)15:00開演、伊丹アイフォニックホールにて。
http://hccweb1.bai.ne.jp/aiphonic/
※詳細は後日発表!
料金:一般4,000円(当日500円増・全席指定)
チケットは6月13日(金)発売開始!ぜひお買い求めください!
2014-01-20 00:00 この記事だけ表示 |コメント 0 |トラックバック 0

皆様、明けましておめでとうございます![コンサート]

ぴかぴか(新しい)謹賀新年ぴかぴか(新しい)
明けましておめでとうございます。

ビール今年もよろしくお願いいたします!ビール
正月だからといって怠けてるわけにはいかないので、お勉強をしています!


黒ハート黒ハート安田正さん著「英語はインド式で学べ!」黒ハート黒ハート

140105_1211~01.jpg
すべてはsoundとfindとgiveを使えば話せる!通じる!著者のザックリした割り切りが暴走したクレバー過ぎる指南本。


……頑張ります……


さて、以前ツイッターでもご紹介しました台湾のバンドネオン奏者、ウー・ヤンラン!
2012年、ドイツでのコンクール優勝時の「アディオス・ノニーノ」素晴らしい!
http://www.youtube.com/watch?v=O_lIgkMSMIE

彼がこのコンサート↓に参加してくれることになりました!

ぴかぴか(新しい)1/18(土)
小松亮太 ザ・キング・オブ・タンゴ
【会場】愛知県・刈谷市総合文化センター大ホール16:00開演(15:30開場)
料金:一般¥3,500 ペア¥6,500
お問い合わせ:刈谷市総合文化センター 0566-21-7430

コンクール優勝の後、ウーさんは台湾のバラエティー番組にも出演したようです。

まずはトークから
http://www.youtube.com/watch?v=HGQ3sL3RCHM
バンドネオン奏者って世界中どこもこういう見せ方を求められるんだよねもうやだ〜(悲しい顔)

【演奏】オーバー・ザ・レインボーとラ・クンパルシータ
http://www.youtube.com/watch?v=cqFke9sTXvw

と、いうわけで日本初上陸の台湾のバンドネオンを一目みたい方は刈谷市(名古屋から急行で20分)へGo!

心よりお待ち申し上げます…。
2014-01-06 14:47 この記事だけ表示 |コメント 1 |トラックバック 0

ソウルに行ってまいりました!![日々の様子]

師走でございます。

黒ハートご多忙かとは思いますが、小松亮太のライヴやメディア出演などの最速情報はツイッターでどうぞ!
https://twitter.com/Komatsu_Ryota


ぴかぴか(新しい)実は12月12日から15日まで、雪の降りしきる韓国はソウルを旅行してきました。もう本当にクソ寒かった!


目的はズバリ!美味いものツアー!


……のはずだったんですが、なんと韓国の音楽史上初のタンゴ・オーケストラ(基本的にピアノ、ベース、バンドネオン3〜4、バイオリン3〜4、+aでビオラやチェロから成る所謂オルケスタ・ティピカ編成)が結成され、プレライヴをやるという話を聞きつけ、視察を兼ねてリハーサルの手伝いをしてきました!

3人のバンドネオンのうち、プロはコー・サンジさん一人。あとの二人はアマチュアだったりプロの卵だったりという、あくまでプレ公演というかテスト演奏的な内容ではあったんですが、弦楽器セクションには優秀なベテランと若手が終結していて、頼もしい雰囲気でした。

東京は眠らない街、とか言いますが、東京にも増してソウルは本当に眠らない!メンバーのスケジュールのせいもあって、リハーサルはミュージシャンやアート関係の人が多く住むホンデ駅周辺にあるカフェを借りきって、21時スタートの1時終わりという内容で3日間続けました。皆一生懸命だったし、僕も出来る限りのアドバイスをしました(リハーサルの合間に誰かが差し入れてくれる軽食が真っ赤っ赤なトッポキだったりするのが普通なのはさすが韓国)。

本番は15日、やはりホンデにある大型ライヴハウス「ヴェローゾ」で昼夜2回ステージ。計約500人のお客様で満員御礼。

特に昼公演は曲によって大きく出来不出来の差がありましたが(インスピラシオンだのア・ロス・アミーゴスだのトリウンファルだの難曲だらけ)何とか頑張って客席も盛り上がり、夜公演は更にリラックスできて、とりあえず成功しました。特にバイオリンやビオラの人達のソロには感動的な場面が何度もありました。

韓国のお客さんは凄くアクティブでアットホームな雰囲気だから、誠実に演奏すれば必ず反応してくれるからありがたいですね。もちろんそのライヴ感(期待度)によって別な形の緊張を強いられることもあるわけですが…。
131214_2140~01.JPG131215_1615~01.JPG
ビールビールビールビール打ち上げはチョッパル料理店で(韓国式の豚足)。その後二次会になり、3時まで飲み続けました。

ハングルと英語、そしてほんの少しのスペイン語と日本語を皆で駆使して音楽の話で盛り上がるのは最高ですね!ブエノスアイレスのこういうところが好きだの嫌いだの、あの曲のあそこが好きだの難しいだの、音楽業界の噂話あれこれだの……濃厚な4日間でした。

黒ハート最後になりましたが僕を様々な美味い店に連れ回してくれたコー・サンジさんとその仲間たちに感謝申し上げます。プテチゲ、ソーロンタン、ナクチジョンゴル、カルグクス、サムギョプサル、チョッパル、ホットク、サンサチュン、ペクセジュetc……

【公演情報】
るんるん柏木広樹さん“Kashiwagi’s Bar”Premium Night! in BANDAI にゲスト出演します。
12/17(火)開場 18:30/Food Time Start 19:00/開演 19:30
新潟:万代シルバーホテル
http://www.hirokikashiwagi.com/pc/information_live.php#20131217


ビール12/19(木)19時〜大阪いずみホール
http://www.izumihall.co.jp/schedule/concert.html?cid=607
「ハッピータンゴアワー Happy Tango Hour !!」
●出演者須川展也(サックス)小松亮太(バンドネオン)奥村 愛(ヴァイオリン)田中伸司(コントラバス)松永裕平(ピアノ)


ぴかぴか(新しい)1/18(土)
小松亮太 ザ・キング・オブ・タンゴ
【会場】愛知県・刈谷市総合文化センター大ホール16:00開演(15:30開場)
料金:一般¥3,500 ペア¥6,500
お問い合わせ:刈谷市総合文化センター 0566-21-7430
http://www.kariya.hall-info.jp/index.php

黒ハート2/16(日)14時〜
ハッピー・タンゴ・アワー さいたま市文化センター 大ホール
◆出演 須川展也Sax、奥村愛Vn、田中伸司Cb、松永裕平Pf
◆S席:3,500円  A席:3,000円 B席:2,500円(全席指定)
◆問合せ先:SaCLa(サクラ)インフォメーションセンター 048−866−4600(火〜土/9時〜17時)
http://www.saitama-culture.jp/d


るんるん2/23(日)小松亮太 with Special Guest 大貫妙子
会場:ビルボードライブ東京
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30
小松亮太 (バンドネオン)近藤久美子 (ヴァイオリン)鈴木厚志 (ピアノ)天野清継(ギター)田中伸司 (コントラバス)ゲスト:大貫妙子
お問い合わせ:ビルボードライブ東京 03-3405-1133
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=8833&shop=1


ビール3/9(日)北とぴあ
高嶋ちさ子12人のヴァイオリニストwith小松亮太
【出演】高嶋ちさ子アンサンブル、高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト
スペシャルゲスト:小松亮太
【会場】北とぴあ さくらホール
開演16:00 開場15:30【曲目】チャルダーシュ他
【チケット】 全席指定友の会 S席3,870円 A席3,420円 一般 S席4,300円 A席3,800円
【プレイガイド】北とぴあ1階チケット売場(窓口のみ10:00〜19:00)
・チケットぴあ(Pコード216-474)
電話予約 0570-02-9999 インターネット予約
http://pia.jp/t/
セブンーイレブン、サークルK・サンクスで直接お買い求めいただけます。
・e+(イープラス)
http://eplus.jp (パソコン・携帯)

ファミリーマートで直接お買い求めいただけます。
【お問合せ】
(公財)北区文化振興財団
電話 03-5390-1221
http://www.j-two.co.jp/chisako/concert/2014/03/20140309.html
2013-12-17 15:37 この記事だけ表示 |コメント 2 |トラックバック 0